アッシュ系ヘアカラーのウィッグ比較

以前実験を行った各メーカーのアッシュ系8レベルヘアカラーの比較から、2ブランドを選び、色合いを評価しました。

実験の目的

塩酸2,4-ジアミノフェノキシエタノール、レゾルシン等から青みを出しているブランドと、硫酸2,2′-[(4-アミノフェニル)イミノ]ビスエタノール等から青みを出しているブランドとで、色合いがどのように違うのかを調べる。

用いたカラー剤

  • ホーユー プロマスターEX アッシュ8
    塩酸2,4-ジアミノフェノキシエタノール、トルエン2,5-ジアミン、α-ナフトール、メタアミノフェノール、硫酸2,2′-[(4-アミノフェニル)イミノ]ビスエタノール、レゾルシン
  • アリミノ アジアンカラーデザインエクスパート アッシュ8
    硫酸トルエン2,5-ジアミン、α-ナフトール、レゾルシン、塩酸2,4-ジアミノフェノキシエタノール
  • ともにオキシ6%

実験方法

  • ウィッグ全体を10レベルのライトナーで施術
  • さらにウィッグの前半分をブリーチ剤で施術
  • ウィッグの前半分、後ろ半分を写真撮影(ビフォーの写真)
  • ウィッグを右半分、左半分に分け、それぞれ前述のヘアカラー剤で施術
  • ウィッグの前半分、後ろ半分を写真撮影(アフターの写真)

ビフォーアフター(前半分)

_MG_4869

_MG_4969

  • 右半分:ホーユー プロマスターEX アッシュ8
  • 左半分:アリミノ アジアンカラーデザインエクスパート アッシュ8

ビフォーアフター(後半分)

_MG_4870

_MG_4971

  • 右半分:アリミノ アジアンカラーデザインエクスパート アッシュ8
  • 左半分:ホーユー プロマスターEX アッシュ8