カッパー・オレンジ系のヘアカラー

カッパー・オレンジ系のヘアカラー剤のメーカー比較を行いました。

オレンジ・カッパー系ヘアカラー

実験環境

用いたヘアカラー剤(写真左から):
アルーリアファッション カッパー8 (ロレアル)
アジアンカラー オレンジ8 (アリミノ)
アソートアリア C-8/O オレンジ (デミ)
HBケアテクトカラー C-Or8 オレンジ (ナプラ)
イゴラロイヤルイマジア O8 オレンジ (シュワルツコフ)
コレストン 8/44 キャロットオレンジ (ウエラ)
コレストン 8/34 オレンジベージュ (ウエラ)
マテリア O-8 オレンジ (ルベル)
オルディーブ 8-45 カッパー (ミルボン)
プリミエンス O8 オレンジ (資生堂)
プロマスター CO-8/8 カッパーオレンジ (ホーユー)

用いた毛束
ヤギ毛、ブリーチ毛、ヴァージン毛

染色条件
塗布3分、放置40分(室温)、シャンプー2回

日時
染色 2012年10月16~24日
撮影 2012年10月27日(自然光下、くもり)

結果と考察

 

ヤギ毛

色票は左から5YR、2.5YR、10R(マンセル)。
オレンジ・カッパー系ヘアカラー

色相分布は10R~5YR前後
大きなメーカー差はない。

明度分布は3~5程度
イゴラ・マテリア・プロマスターの明度が高く、プリミエンスの明度が低い

彩度分布は2~8程度
イゴラ・コレストン(8/44)・プロマスターの彩度が特に高く、オルディーブ・プリミエンスの彩度が低い

染料との関係
染料数の少ないものやメタアミノフェノールの入っていないものは彩度が出やすく(アソートアリア・イゴラ・コレストン・プロマスター・)、
染料数の多いものやメタアミノフェノールが入ってものはくすみやすくなる(HBケアテクトカラー・オルディーブ・プリミエンス)。

 

ブリーチ毛

色票は左から5YR、2.5YR、10R(マンセル)。
毛束の左端は染色前、右端はJHCAヘアカラーレベルスケール。
オレンジ・カッパー系ヘアカラー

色相分布は10R~5YR前後
大きなメーカー差はない。

明度分布は2~3程度
イゴラ・マテリアの明度が高く、オルディーブ・プリミエンスの明度が低い。

彩度分布は2~4程度
イゴラ・コレストン(8/44)・プロマスターの彩度が特に高く、オルディーブ・プリミエンスの彩度が低い。

 

ヴァージン毛

色票は左から5YR、2.5YR、10R(マンセル)。
毛束の左端は染色前、右端はJHCAヘアカラーレベルスケール。
オレンジ・カッパー系ヘアカラー

イゴラ・マテリアは明度が高い。