ピンク系のヘアカラー染料

ピンク系ヘアカラー

写真左から
アルーリアファッション ピンク8 (ロレアル)
アジアンカラー ピンク8 (アリミノ)
アソートアリア C-8/RV ピンク (デミ)
HBケアテクトカラー C-Pi8 ピンク (ナプラ)
イゴラロイヤルイマジア P8 ピンク (シュワルツコフ)
コレストン 8/68 ピンクパール (ウエラ)
コレストン 8/5 ローズ (ウエラ)
マテリア P-8 ピンク (ルベル)
オルディーブ 8-55 ピンク (ミルボン)
プリミエンス P8 ピンク (資生堂)
プロマスター P-8/8 プラム (ホーユー)

ピンク系の作り方

クリアな色合いで作っていたり、深みを出したり、メーカーによってさまざまですが、用いる染料は似ています。

パラアミノオルトクレゾールを用いる方法

主にパラアミノオルトクレゾール、パラアミノフェノール、パラフェニレンジアミンが用いられます。
メタアミノフェノールやα-ナフトールなどのカップラーを用いていたり、染料中間体をパラフェニレンジアミンの代わりに(硫酸)トルエン2,5-ジアミンを用いている場合もあります。
オルディーブ、プリミエンス、アソートアリア、アジアンカラーデザインエキスパート、マテリア、プロマスター、イゴラロイヤルイマジア、アルーリアファッションなど(2012年現在)。

 

α-ナフトールを用いる方法

硫酸トルエン2,5-ジアミン、パラアミノフェノール、α-ナフトールが用いられます。
コレストンパーフェクトPUREなど。

 

ピンク系染料のまとめ

太字:特に良く用いられる染料
細字:用いられることのある染料

2012年現在の情報です。メーカーによって異なったり、時代とともに変化する場合もございます。
記載内容に関して当方では一切の責任を負いません。またこの情報の無断転載はご遠慮下さい。

イメージ

名称 ピンク系
イメージ
ピンク系ヘアカラー ピンク系ヘアカラー ピンク系ヘアカラー ピンク系ヘアカラー ピンク系ヘアカラー
良く用いられる
染料中間体
パラフェニレンジアミン
パラアミノフェノール
トルエン-2,5-ジアミン
良く用いられる
カップラー
パラアミノオルトクレゾール
α-ナフトール
メタアミノフェノール
5-(2-ヒドロキシエチルアミノ)-2-メチルフェノール
良く用いられる
直接染料
なし
特徴 塩酸2,4-ジアミノフェノキシエタノールが入ると青みが強くなる。
メタアミノフェノールが増えると深みが出る。
レゾルシンが増えるとくすむ。