脳は美をいかに感じるか ピカソやモネが見た世界

脳は美をいかに感じるか ピカソやモネが見た世界 私たちが目で見る世界を脳科学的に解説した本です。 『視覚』1つとっても、脳にはさまざまな役割分担があることが分かります。 例えば動いているものを見る時と、 静止しているもの […]

美女の歴史

美女の歴史―美容術と化粧術の5000年史 「美女の歴史」というタイトルが付いていますが、サブタイトルの 「美容術と化粧術の5000年史」 の方が、この本の内容を良く表していると言えます。 美容学校でも美容文化論の授業があ […]

化粧に見る日本文化 だれのためによそおうのか?

平安時代は男性もお化粧をしていた?貴族の顔は白く、庶民は普通の肌色だった? 武士の男性は血まみれになって毛を抜き月代を作っていた? 江戸時代から、関東圏は薄化粧で関西圏は厚化粧だという記録があった? 明治時代は有毒な鉛白 […]

美しい顔とはどんな顔か?

「美しい顔」とはどんな顔か: 自然物から人工物まで、美しい形を科学する

芸能人の顔を、面長かどうかで「正方形タイプ」「白銀比タイプ」「黄金比タイプ」などに分類し、統計的に「美しい」かどうか、縦横比や「かわいい」との関係があるかどうかを分析しています。
対象の芸能人は、きゃりーぱみゅぱみゅさん、前田敦子さん、篠田麻里子さん、宮崎あおいさん、押切もえさん、蛯原友里さん、山田優さん、北川景子さん、板野友美さん、大塚寧々さん、蒼井優さん、仲間由紀恵さん、黒木メイサさん、益若つばささん、西山茉希さん。

歴史を織りなす女性たちの美容文化史

題名:歴史を織りなす女性たちの美容文化史 レビュー: 西洋と東洋でそれぞれ歴史的なファッションリーダーや歴史上有名な女性を取り上げ、その女性やその時代を取り巻くファッション・ヘアメイクを詳しく解説した本。 実在した人物を […]

日本の色(大岡信)

題名:日本の色 著者:大岡信 画像: レビュー: 廃刊になってしまった本だけど、とてもいい本です! 冒頭の源氏物語と枕草子の色彩表現の違いにいての話題から、惹きこまれていきます。 伝統色の紹介もあり、金髪と黒髪についての […]

色で読み解く名画の歴史

題名:色で読み解く 名画の歴史 著者:城一夫,橋本実千代 画像: レビュー: レオナルド・ダ・ヴィンチ、フェルメール、ピカソ、レンブラント、ゴッホ、モンドリアンなど、ルネッサンス以前から現代までの著名な画家の絵画を、色彩 […]

色へのことばをのこしたい

題名:色へのことばをのこしたい 著者:伊原 昭 画像: レビュー: 日本文学色彩用語集成などの著者として知られる伊原昭氏が、それまでにエッセイなどに綴ったりラジオインタビューで語った内容をまとめた本です。 日本古来の色や […]

色彩の回廊 ルネサンス文芸における服飾表象について

題名:色彩の回廊 ルネサンス文芸における服飾表象について 著者:伊藤 亜紀 画像: レビュー: 章が色別に分けられており、ルネサンス期の人々の洋服を通してみる色に対する考え方が分かりやすくなっています。 「色で読む中世ヨ […]

常識として知っておきたい「美」の概念60

題名:常識として知っておきたい「美」の概念60 著者:城一夫 画像: レビュー: 「ゴシック」「バロック」「ロココ」「アール・デコ」「アール・ヌーヴォー」「わび」「さび」など、「美」の代表的なキーワード60語を解説した本 […]

世界のパンチカラー配色見本帳 (橋本実千代, 城一夫)

題名:世界のパンチカラー配色見本帳 著者:橋本実千代, 城一夫 レビュー: 世界各国の街の風景、建築物、ポスター、工芸品、芸能、商品等のカラフルな写真を集め、解説を付けた本。 解説はちょっとした歴史や地理の学びにもなり、 […]

いのちを纏う 色・織・きものの思想 (志村ふくみ, 鶴見和子)

題名:いのちを纏う 色・織・きものの思想 著者:志村ふくみ, 鶴見和子 レビュー: 人間国宝の染織家である志村ふくみさんと、鶴見和子さんとの対談の記録をまとめた本。 きものや染色についての考えやこだわりがひしひしと伝わっ […]

色を奏でる (志村ふくみ)

題名:色を奏でる 著者:志村ふくみ レビュー: 「一本まちがっても機は織れない。たった一本くらいと無精を決め込んで織りつづけると、最後まで傷つき放しとなる。人生にあてはめてみるとちょっと怖い話である。」 重みのある1つ1 […]

千年の色 古き日本の美しさ (吉岡幸雄)

題名:千年の色 古き日本の美しさ 著者:吉岡幸雄 レビュー: 着物や日本家屋など、古き日本の良さに対する著者の思い入れが伝わってくる本。 特に、近代の着物の衰退については、着物がどうあるべきかという熱い思いがつづられてお […]

色彩の紋章(シシル著, 伊藤亜紀,徳井淑子共訳)

題名:色彩の紋章 著者:シシル 訳者:伊藤亜紀, 徳井淑子 出版社:悠書館 価格:¥2,100 発売日:2009年5月10日 サイズ・ページ数:B6,162+54P 対象:中世ヨーロッパの色彩に興味がある方 目次: ◆は […]

色へのことばをのこしたい (伊原昭)

題名:色へのことばをのこしたい 監修:伊原昭 出版社:笠間書院 価格:¥2,310 発売日:2011年6月16日 サイズ・ページ数:A5,276+46P 対象:色、文学、伝統色に興味がある方 目次: ◆はしがき ◆日本の […]

色彩博物館 (城一夫)

題名:色彩博物館 監修:城一夫 出版社:明現社 価格:¥3,465 発売日:1998年4月15日 サイズ・ページ数:B6,340P 対象:色に興味がある方 目次: ◆第1章 風土と色彩   ◇風景と色彩   ◇太陽照度と […]

日本の配色 (佐野敬彦)

題名:日本の配色 著者・訳者:佐野敬彦 出版社:パイインターナショナル 価格:¥2,940 発売日:2011年3月14日 サイズ・ページ数:A5, 191P 対象:日本の伝統色に興味がある方 目次: ◆四季の彩り   ◇ […]

フランスの色 (コロナ・ブックス編集部)

題名:フランスの色 著者・訳者:コロナブックス編集部 出版社:平凡社 価格:¥1,890 発売日:2000年6月20日 サイズ・ページ数:22x17cm, 136P 対象:フランスの色に興味がある方 目次: ◆ルージュ( […]