【何色か当ててみよう!】L*a*b*表色系での髪色の測色値



以前にL*a*b*表色系についてのコラムを書きました。

 

簡単に復習しますが、

L* = 明るさ軸 (0)黒←→(100)白

a* = 軸  (-)緑←→(+)赤

b* = 軸  (-)青←→(+)黄

でした。



さて、下の表1は、ブリーチ毛に、8レベルの○○系の色を染めた時の、それぞれのL*a*b*の値です(値は四捨五入しています)。メーカー違いですが、全て同じ系統の色です。どんな色だかわかりますか??

表1 L* a* b*
 A社 17 2 1
 B社 18 2 2
 C社 18 2 2
 D社 19 2 2
 E社 20 3 4
 F社 20 2 1
 G社 20 1 2
 H社 19 1 1
 I社 20 2 1
 J社 21 2 3

 

これだけでは???だと思いますので、少しヒント。

同じ条件で、JHCAのヘアカラーレベルスケール8レベルを測色した時は、下のような値になります(値は四捨五入しています)。

  L* a* b*
レベルスケール8レベル 20 5 8

JHCAのヘアカラーレベルスケール8レベルの方が、a*b*も値が大きいということ。

つまり、表1の色の方が、赤み黄み弱いということになります。

 

もう1つ行きましょう。

下の表2は、ブリーチ毛に、8レベルの別の系統の色を染めた時の、それぞれのL*a*b*の値です(値は四捨五入しています)。メーカー違いですが、全て同じ系統の色です。どんな色だかわかりますか??

表2 L* a* b*
 A社 18 6 2
 B社 17 5 1
 C社 15 3 0
 D社 17 4 1
 E社 19 8 5
 F社 20 5 2
 G社 19 3 0
 H社 18 4 0
 I社 20 6 2
 J社 19 4 1

a*の値は大きいですが、b*の値はE社を除くほとんどのメーカーが0に近いですよね。

赤みが強いが、黄みは弱いことが分かります。

 

表1と表2を比べてみるのも良いと思います。

 

表1の色は、a*b*も値が小さい。

表2の色は、a*の値は大きいが、b*の値は小さい。

 

答えは、今月後半にお知らせいたします(*^_^*)


※9月より、美容師様向けのヘアカラーケミカル講習会を開催する予定です(*^_^*)

色を感覚と理論と両方で理解できるようになると、仕上がりの色も計算しやすくなるかもしれません\(^o^)/
10月までキャンペーン価格にてご提供させて頂く予定ですので、よろしければご利用下さい(*^_^*)

ヘアカラーケミカル講習会