ピンク系のヘアカラー

ピンク系のヘアカラー剤のメーカー比較を行いました。

ピンク系ヘアカラー

実験環境

用いたヘアカラー剤(写真左から):
アルーリアファッション ピンク8 (ロレアル)
アジアンカラー ピンク8 (アリミノ)
アソートアリア C-8/RV ピンク (デミ)
HBケアテクトカラー C-Pi8 ピンク (ナプラ)
イゴラロイヤルイマジア P8 ピンク (シュワルツコフ)
コレストン 8/5 ローズ (ウエラ)
マテリア P-8 ピンク (ルベル)
オルディーブ 8-55 ピンク (ミルボン)
プロマスター RV-8/8 プラム (ホーユー)
プロマスター P-8/8 プラム (ホーユー)
プリミエンス P8 ピンク (資生堂)

用いた毛束
ヤギ毛、ブリーチ毛、ヴァージン毛

染色条件
塗布3分、放置40分(室温)、シャンプー2回

日時
染色 2012年10月16~12月31日
撮影 2013年1月10日(自然光下、晴れ)

結果と考察

 

ヤギ毛

色票は左から10RP、5R、7.5R(マンセル)。
ピンク系ヘアカラー

色相分布は7.5R~10RP前後
プリミエンスは比較的青みが強く、イゴラは黄みが強い。

明度分布は2~6程度
HBケアテクトカラー・イゴラ・オルディーブの明度が高く、アソートアリアー・コレストン・プリミエンス・プロマスターの明度が低い。

彩度分布は2~6程度
プロマスターのプラムのみ彩度が低いが、他は4~6程度の中に収まる。

染料との関係
裏面の成分表示からは配合量が読み取れないため、色合いと関連付けるのは難しいが、しいて言えばメタアミノフェノール・α-ナフトール・塩酸2,4-ジアミノフェノキシエタノールの配合されているもの(プリミエンス・コレストン・マテリア等)は青みが強く暗めに発色しやすい傾向があるといえる。

 

ブリーチ毛

色票は左から5R、7.5R、10R(マンセル)。
毛束の左端は染色前、右端はJHCAヘアカラーレベルスケール。
ピンク系ヘアカラー

色相分布は7.5R~2.5YR前後
イゴラはやや黄みが強い。他は大きな差がない。

明度分布は2~3程度
HBケアテクトカラー・イゴラ・オルディーブの明度が高い。

彩度分布は2~3程度
大きな差はない。

 

ヴァージン毛

色票は左から5R、7.5R、10R(マンセル)。
毛束の左端は染色前、右端はJHCAヘアカラーレベルスケール。
ピンク系ヘアカラー

イゴラ・マテリア・オルディーブの明度が高い。