レッド系のヘアカラー染料

ヘアカラーレッド系9レベル

レッド系の作り方

パラアミノオルトクレゾールを用いる方法

レッド系ヘアカラー

酸化染料のみでレッド系の色を作るメーカーがほとんどで、染料中間体にはパラアミノフェノールトルエン-2,5-ジアミン、カップラーにはパラアミノオルトクレゾールという組み合わせを用いることが多いようです。
パラアミノフェノールパラアミノオルトクレゾールが反応するとオレンジ色、トルエン-2,5-ジアミンパラアミノオルトクレゾールが反応すると紫色となるため、これらの組み合わせにより赤色を作っているようです。
彩度の調節や色持ちを良くするために、α-ナフトールレゾルシンメタアミノフェノール5-(2-ヒドロキシエチルアミノ)-2-メチルフェノールなどのカップラーを配合していたり、染料中間体をトルエン-2,5-ジアミンの代わりにパラフェニレンジアミンを用いる場合もあります。

 

そのほかの方法

ごく少数ですが、染料中間体にはパラアミノフェノール、カップラーにはパラアミノオルトクレゾールα-ナフトールを組み合わせを用いるメーカーがあります。
パラアミノフェノールα-ナフトールの組み合わせも紫色となるため、オレンジ色と紫色との混色で赤色を作ることができます。
コレストンパーフェクトPUREなど(2012年現在)。




レッド系染料のまとめ

太字:特に良く用いられる染料
細字:用いられることのある染料

2012年現在の情報です。メーカーによって異なったり、時代とともに変化する場合もございます。
記載内容に関して当方では一切の責任を負いません。またこの情報の無断転載はご遠慮下さい。

名称 レッド系
イメージ
良く用いられる
染料中間体
パラフェニレンジアミン
パラアミノフェノール
トルエン-2,5-ジアミン
良く用いられる
カップラー
パラアミノオルトクレゾール
α-ナフトール
レゾルシン
メタアミノフェノール
5-(2-ヒドロキシエチルアミノ)-2-メチルフェノール
良く用いられる
直接染料
なし
特徴 レゾルシンが増えるとくすむ。
メタアミノフェノールが増えると深みが出る。

 

関連商品

ヘアカラー剤酸化染料(染料中間体・カップラー)・直接染料

ヘアカラー剤染料チャート

ヘアカラーチャート_ファッションカラー_仕上がりのイメージ

ファッションカラー用ヘアカラーチャート

ヘアカラーチャート_グレイカラー_仕上がりのイメージ

グレイカラー用ヘアカラーチャート

ヘアカラーチャート_平均顔ベース

ヘアカラーチャート_平均顔ベース

ヘアカラーマスター検定公式テキスト3級

ヘアカラーマスター検定公式テキスト3級

ヘアカラーマスター検定公式テキスト2級

ヘアカラーマスター検定公式テキスト2級

ヘアカラーマスター検定eラーニング

ヘアカラーマスター検定eラーニング 公式テキスト電子書籍付

ヘアカラー9レベル

髪色データ ナチュラル系

ヘアカラーブラウン系9レベル

髪色データ ブラウン系

ヘアカラーベージュ系9レベル

髪色データ ベージュ系

ヘアカラーモノトーン系9レベル

髪色データ モノトーン系

ヘアカラーゴールド系9レベル

髪色データ ゴールド系

ヘアカラーマット系9レベル

髪色データ マット系

ヘアカラーアッシュ系9レベル

髪色データ アッシュ系

ヘアカラーラベンダー系9レベル

髪色データ ラベンダー系

ヘアカラーバイオレット系9レベル

髪色データ バイオレット系

ヘアカラーピンク系9レベル

髪色データ ピンク系

ヘアカラーレッド系9レベル

髪色データ レッド系

ヘアカラーカッパー系9レベル

髪色データ カッパー系

ヘアカラーオレンジ系9レベル

髪色データ オレンジ系