ブラッシングと髪のダメージの関係

皆さんは、髪を洗ったときやスタイリングする時に 何回くらいブラッシングをしていますか? 実は、ブラッシングをし過ぎると、髪がダメージするというお話があります。 日本毛髪科学協会の「ヘア・サイエンス」には、このようなことが […]

ルシード プロフェッショナル3/17(月)発売

市販のスタイリング剤・ヘアカラー剤などで良く知られているルシードですが、
ミドル男性向けの業務用スキャルプケア&スタイリング剤を3月17日に発売しました。
理美容室でスキャルプケアメニューが体験できる頭皮ケアラインと、スタイリング剤のシリーズです。

健康博覧会

昨日は東京ビッグサイトで開催されていた健康博覧会へ行って参りました。 オーガニックコスメ、ヘナなど、様々な商品がある中で個人的に印象が残ったのがこちらの2つ。 ・ダイヤモンド0.1カラット入り化粧品 ダイヤモンドジュエリ […]

【ヘアケアのお話】髪の内部と表面どちらが大切?

時々、お客様から、

「ヘアケアはどのようにすれば良いのですか?」

というご質問を頂戴することがあります。

何年間もロングヘアを維持し、
ヘアカラーは毎回欠かさずやっておりますし、
最近はデジタルパーマもかけました。

昆布やワカメは髪に良いのか?

「昆布」と名のつくトリートメントがスマッシュヒットしたのは記憶に新しいかと思います。

昔から良く言われている
昆布やワカメは髪に良い
という迷信、本当なのでしょうか?

○○成分は良くない?

美容業界の方をお話をしていると、時々「ノンシリコン」の話題になったりすることも多いです。
ヘアカラーの開発に携わる前は、ヘアケア商品の開発をしていましたので、成分のこと、色々と聞かれることも多いのです。

「石油系の界面活性剤は髪に良くない」
「シリコンは安全ではない」

このようなネガティブな情報を耳にした時、

最新の毛髪科学

題名:最新の毛髪科学

——————————————————————————–

レビュー:
毛髪の構造、パーマのメカニズム、ヘアカラーのメカニズム、ヘアケアについてマクロ・ミクロ両面から、当時の研究成果を中心に科学的に解説した本。
毛髪もしくは羊毛の権威の方々が共著で書き下ろした本ですので、化粧品の研究開発とは別の視点から、アカデミックにパーマやカラーリングのメカニズムを捉えることができます。
パーマやヘアカラーの開発技術者は必ず読んでおきたい本です。
既に廃刊になってしまった本ですので、オークションなどでどうぞ!

美容のヒフ科学

題名:美容のヒフ科学 著者:安田利顕(著), 漆畑修(改訂) 画像: レビュー: 初版が1965年に発売され、現時点で9版まで版を重ねているロングセラー。 皮膚・毛髪(体毛)・爪など、皮膚と皮膚付属器官について、美容の視 […]

毛髪の科学と診断

題名:毛髪の科学と診断 著者:八木原 陽一 画像: レビュー: 毛髪科学系の本の中では、いちばん広くお勧めしたいと思った一冊でした。 最初のページから、「白髪の進行を遅らせる食物は…」なんて記述が出てきます。 毛髪科学に […]

ヘア・サイエンス

題名:ヘア・サイエンス 著者:佐藤吉昭(監修)、渡辺靖、田村健夫、原田博文、八木原陽一、永島敦士、井上哲男 レビュー: 日本毛髪科学協会が発行する毛髪参考書。 脱毛や損傷毛(ダメージ)を中心に、毛髪の疾患や異常について詳 […]