髪の明るさの基準に!企業様に御好評のヘアカラー明度スケール

最近はヘアカラーリングの流行で、明るく染めている人も多くなりました。 しかし、そうはいっても、明るすぎる髪色をしている人は、第一印象で好まれません。 皆様の会社の従業員は大丈夫でしょうか? ヘアカラーレベルスケールは、繊 […]

ヘアカラーのイメージが分かるヘアカラーチャート

美容室でヘアカラーをするときに見ることが多いかもしれないヘアカラーチャート。 「どれが良いですか~!?」 と聞かれても、毛束では、染めたあとのイメージが付きにくいと思いませんか?   こうやって、毛束のイメージ […]

ヘアカラーをPhotoshopで変更する方法

Photoshopで髪色を変更する方法が公開されています。 Photoshopでもいちばん難しいとされるのが、髪の色の変更。 英語の動画ですがPhotoshopの基本操作が一通り分かる方には、とても役に立つのではないかと […]

パーソナルカラー(似合う色)は理論か感覚か?

時々パーソナルカラーアナリストさんのブログを見ていると、 「パーソナルカラー(似合う色)は占いじゃありません!!」 と、躍起になって(?)否定している方を散見します。 私個人としては、「占い」でも「理論」でも 別にどちら […]

ヘアカラーの似合わせ

こちらの画像、それぞれ真ん中は、日本人の肌色の例です。

パッと見た感じ、

左側の方が、肌色は明るく、
右側の方が、肌色は暗く

見えませんか?

実は、左右の肌色は

ヘアカラーの似合わせ2 マット系ヘアカラーの例

昨日は、「同じヘアカラーでメイク違い」のパターンをお見せしましたが、 今回は、「同じメイクでヘアカラー違い」のパターンです。 ちなみに写真のモデルさんにはウィッグを着用して頂いています。 ヘアカラーを変えると、メイクとの […]

ヘアカラーの似合わせ1 高明度のヘアカラーの例

似合わないヘアカラーを「似合わせる」時、女性の場合は特にメイクの色のチョイスが重要になってきます。 昨日と今日はお客様限定でヘアカラーとメイクのカラーコーディネート講座を行いました。 9色の髪色のウィッグから、できるだけ […]

肌色とヘアカラー

先日の記事「似合うヘアカラーの明度」では、眼の色について少し言及しましたが、

今日は、肌色についてお話をしたいと思います。

写真は、肌色と髪色の関係を、ごくごく簡単に表したもの。

ヘアカラーとアイブロウ

色の仕事をしているからか、メイクは洋服・ヘアの色やテイストに合わせて毎日変えるのがふつうになっていますが、
人によっては、何ヶ月も同じメイクで通している女性も結構いらっしゃるようですね。

毎日とまではいかなくても、少なくともヘアカラーをチェンジしたら、
メイクは変えた方が良い場合の方が多いと思います。

絶対変えた方が良いものの1つがアイブロウ。

似合うヘアカラーの明度

今日は「似合うヘアカラーの明度」について書きたいと思います。 この写真、Photoshopで髪と眉毛の明度だけ変えたものです。 肌や眼の色などは一切変えていません。 どちらの明度の方が良いと思いますか? それはどうしてで […]

パーソナルカラーとヘアカラーとメイク

メイクの色とヘアカラーとのバランス、意識していますか?

写真は同じヘアカラーでメイクの色だけ変えた写真です。
右の写真はかなり目が腫れぼったく見えませんか〜?

特に、個性的なヘアカラーに染める時や

日本人女性6名の似合うヘアカラー(髪色)を診断してみよう

洋服の色やメイクの色でイメージががらりと変わるように、ヘアカラーにもその人のイメージを引き立てる色があります。

顔の額縁となるヘアカラーの違いで顔の印象が大きく変わります。

このページでは、日本人女性6名の似合うヘアカラー診断体験ができます。

ヴァージン毛(地毛)の色

ヴァージン毛の色も様々ありますが、その中で最も少ないと言われているのが「赤毛」。
劣性遺伝のため少なく、全世界で1-2%、いちばん多い北欧や西欧で2-6%なのだそうです(wiki情報)。

地毛の髪色は、
・黒褐色のユーメラニン
と、
・赤~黄色のフェオメラニン
の量で決まりますが、「赤毛」はいちばんフェオメラニンの割合が多いのです。
多い、と言っても、

パーソナルカラーとヘアカラーの違い

昨日投稿した顔の印象とヘアカラーの明度について、様々な方から寄せられた意見に、私の意見を+αして書きたいと思います。 まだ見ていない方はこちらからどうぞ! ⇒顔の印象とヘアカラーの明度 Q1. どの写真がいちばん「似合う […]